Just another WordPress site

財産の関係

一般社団法人の設立と財産の関係

現代社会においては非常に数多くの団体が何らかの活動を行っています。その中には営利の団体もあれば非営利の団体もありますが、それらの活動を行うに当たっては必要な資金の管理が必要になるものであると言えるでしょう。一般企業であれば法人としての銀行口座を開設することが出来ますので事業関連の資金は法人の口座を開設してそこで管理することが出来る仕組みになっています。

しかし企業ではない一般的な団体の場合、一般社団法人の様な形で法人化しない限りは個人名義の銀行口座で資金を管理するしかないと言うのが実情なのです。小規模な団体で資金もわずかである場合にはそれほど問題になることはないと言えるでしょう。しかし事業規模が大きくなってくると曖昧にはできない重要な問題に変わってくるのです。

一般社団法人のような法人の設立が容易に行えなかった時代には、団体活動を行う場合には一定のリスクを背負っていたと言えます。例えば資金管理を個人名義の口座で管理しなければならないという問題については、万が一金銭的なトラブルが発生した場合にはその全責任を口座の名義人本人が負うことになるのが一般的です。また代表者の交代が発生する様な場合には、その都度口座名義を書き換えなければならないという非常に面倒な作業が必要になってくると言う特徴があったのです。そのため一般社団法人の設立が出来る様になるまでは団体の財産に当たる資金管理は代表者個人の責任で管理しなければならなかったのです。これは非常に重い責任を背負うことになるでしょう。

一般社団法人の設立が可能になった現在ではこの様な問題が表面化することは少なくなってきていると言えます。法人化することによって代表者個人の無限責任から解除され、法人としての責任に変わります。この様な仕組みを取っておくことは対企業での取引の場合には重要であると言えます。一般社団法人の設立は財産管理上のメリット以外にも法人を設立することによる信用度の上昇など実に様々な効果が期待できるのです。

近年では対企業での取引や契約を行う場合には法人化している団体であるということが必要な条件となっていることも増えてきています。そのため団体として活動しやすくなるためには、一般社団法人等の形で法人格を取得しておくことが有効に機能すると言う場合も想定しておくべきであると言えるのです。財産の管理なども透明性が高まり、数多くのメリットがあるのです。