Just another WordPress site

設立代行

一般社団法人の設立代行について

一般社団法人は何らかの活動を行っている団体が法人格を持つ際に選択する法人の形の一つです。株式会社等の企業を設立する倍と同じく設立しようと考えている地域を所轄する法務局に必要書類の届出を行うことで承認される仕組みになっています。そのため一般社団法人を作って団体の活動をより大きなものにして行こうと考えている人は何らかの形で一般社団法人の設立の手続きを行うようにしなくてはなりません。

この手続きはそれなりに複雑なものではありますが、素人でもしっかりと時間をかけて勉強しながら準備を行えば不可能ではありません。しかしながら一度手続きをしてしまうと容易には変更できない仕組みとなっていますので間違いのない様に一般社団法人設立の手続きを専門に行っている業者の力を借りるのが有効であると言えるでしょう。

一般社団法人を設立しようとする場合、その団体の活動は一定の規模に達しているケースが殆どです。団体として個人を相手に活動をするのであれば法人格が無くてもそれほど問題になることはないでしょう。しかしやや大きな組織となってきて大きな活動を行う様になると個人ではなく企業の力を借りて活動を行うケースも増えてくると言えるのです。

その様な場合に対企業との契約をする際に法人格を持っていないということは大きなデメリットになるのです。法人格が無いということはどんなに大きな組織であったとしても個人とみなされます。個人の資産による個人の無限責任と言う位置づけでは契約や取引等の付き合いを行わない企業は少なくありません。そのため、信頼関係を築くためにも一般社団法人の設立はとても重要なテーマになり得るのです。

そのような一般社団法人の設立手続きは専門の業者に委託が可能です。代表的な職種としては行政書士がよく知られています。法的な書類作成のプロフェッショナルですので任せておけば安心であると言えます。数多くの書類作成を行ってきた実績があるケースが多いため、先々を見据えて無理が無く汎用性の高い設立手続きを代行してもらうことが出来るのです。

この様な仕組みを利用することで団体の代表者は間違いのない設立手続きを行うことが出来るのです。なお、この様な手続きを代行出来るのは行政書士の他にも数多くの職種があります。近年では税理士が法人設立準備のお手伝いを行い、そのまま経営管理のお手伝いをするという活動を行う税理士も増加傾向にあります。この様にいくつかの職種が業務を代行できるようになっています。